自動車のメンテナンスで重要な事とは

###Site Name###

自動車のメンテナンスで重要な事としてはエンジンオイルの交換があります。
自動車のエンジンオイルの大きな役目としては潤滑と冷却があります。


エンジンオイルは定期的に交換しないとだんだん減ってきます。

その理由としては、エンジン内でピストンが物凄いスピードで摺動している訳ですが、エンジンオイルがシリンダー内に侵入してしまい燃焼するので、少しずつ減っていきます。

厳選した修理・メンテナンス l スペースファクトリー 横浜 アメ車の修理 車検 点検 メンテナンス情報の公開中です。

交換せずに長期間使用していくと潤滑が上手くいかずにエンジンが焼きついてしまう場合があります。

一度焼きついてしまったらどうにもならないので自動車を廃車にする必要があります。そして、エンジン内で爆発を起こしてピストンを動かしているので、エンジンは非常に高温になります。


エンジンオイルには冷却する効果もあります。

コンピューター診断 l スペースファクトリー 横浜 アメ車の修理 車検 点検 メンテナンスの情報ならこちらにお任せ下さい。

エンジンオイルを自分で交換するのは非常に手間が掛かりますので、ほとんどの人は自動車整備工場やカー用品店で交換しています。
交換は整備工場任せで全く問題ないので、ドライバーはエンジンオイルの交換時期だけを管理する事が非常に重要になってきます。

一般的には5000km、または半年に1回交換すると良いと言われています。


定期的に交換する事で、燃費の低下を防ぐ事が出来たり、何よりエンジンの調子が良いです。エンジンオイルは温度により粘度が変化します。

リンク集|関西空港駐車場は格安りんくうパーキングのマニアックな情報をお届けします。

寒くなるとエンジンオイルの粘度が高くなり、逆に暑くなると粘度が下がります。
日本では場所によって気温がかなり異なってきますので、寒い地方では粘度の低いエンジンオイルを使用するとエンジンの回転が良くなります。

また、季節によっても温度が大きく変わりますので、秋のタイミングで粘度が異なるエンジンオイルへ交換しておくと良いです。

自動車を人間に例えるとエンジンは心臓でエンジンオイルは血液と言われています。
人間は血が作り変えられる事で健康を維持出来るので、自動車でもエンジンオイルを定期的に交換して快適なドライブを楽しみたいものです。